小さな会社のために

 まず貸し会議室を利用するのは何処か。それはもう小さなオフィスしか構えられない企業だろう。

 例えばCMで名が知られている、有名どころの大企業となれば、大企業が所有するオフィスビルの中に沢山の会議室を用意している。つまり、大企業の部類に入る企業には、貸し会議室は必要ない。

 中小企業でも、中には会議室を設けることが出来たオフィスがあるかも知れない。そういう場合には特に貸し会議室は必要ないが、もし、会議の人数が会議室に収まらなければ、貸し会議室を利用する必要はあるかも知れない。

 だが、貸し会議室=会議のための部屋、というわけではなく、その他の用途にも使えるのが特徴。会議室のようなスペースと机とパイプ椅子が用意されているので、どのような目的で使うかは、借りた人次第ということになる。

 スペースによっては100人単位の部屋もあれば、20数人程度しか入らない小さなものもある。それらは全てピンからキリ。どの建物にどの貸し会議室があるかはよく知っておく必要がある。

 大阪は中小企業が多いので、貸し会議室のニーズは高い。また、企業以外の目的でも使われる貸し会議室だが、大阪の人口の多さを考えればやはりこちらでもニーズは高い。

 大阪市内の北から南にかけて、貸し会議室はたくさん点在している。利用したいと思うならば、予約はしておくべきである。どうしても入れたい日程が予約で埋まっていたら、また別の場所を探す羽目になるので。